医療脱毛と美容脱毛の違い・メリット・デメリットを解説

医療脱毛と美容脱毛の違いは、使用する脱毛器、施術者、料金、資格の必要性、効果など多岐に渡ります。 また、それぞれの脱毛方法の特徴から、脱毛を希望する人の傾向も変わってくるため、よく比較して選択することが大切です。 そこで医療脱毛と美容脱毛の違いやメリット・デメリットについて解説します。

医療脱毛と美用脱毛の違いとは?

それぞれの脱毛方法の特徴を確認してから、医療脱毛と美容脱毛の違いについて解説します。

医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療用レーザーを使って、医師や看護師など資格を所持した施術者が行う脱毛のことです。 そのため、エステサロンでは行うことができず、病院でしか施術を受けられません。 レーザーを照射することで毛や毛根、周辺組織に刺激を与え脱毛する。中~長期的に考えれば、部位にもよるが、最低でも5回程度は照射しないと、大きな実感は得られにくい。

美容脱毛とは

美容脱毛とは照射レベルの低い光脱毛器などを使い、エステティシャンが行う脱毛のことを指します。 脱毛に関する資格を所持している必要はなく、医師による診察も行われません。 光脱毛器では毛根細胞の周辺組織に刺激を与えことなく体毛の成長を遅らせます。

両者の違いは何か?

医療脱毛 美容脱毛 1回あたりの費用 高額 安価 効果 毛や毛根、周辺組織にダメージを与え長期的に減毛 毛の成長を一時的に遅らせる制 毛 施術者 医師・看護師 エステティシャン 資格の必要性 必要 不要 医師による診察 あり なし 肌トラブルへの対応 薬の処方あり 店舗での対応は不可 医療脱毛と美容脱毛の違いは、効果の高さや安全性、施術者の違いなどさまざまな面に見られます。 また、脱毛効果に関する違いも大きく、周辺組織に刺激を与える医療脱毛に対して、美容脱毛は細胞に刺激を与えるのみに留まります。

医療脱毛と美容脱毛それぞれのメリット・デメリット

医療脱毛と美容脱毛の違いを確認したら、それぞれのメリットとデメリットについて知っておきましょう。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛の最大のメリットは、効果と安全性の高さです。 長期的に持続する脱毛効果の高さと、医師による診察やアフターケアがあることがメリットとなります。 デメリットとしては、1回あたりの施術料金の高さと毛周期のサイクルの下で脱毛する必要があり、また肌の回復を待つ必要があることです。

美容脱毛のメリット・デメリット

美容脱毛のメリットは、痛みが少なく、脱毛方法によっては美肌効果も得られるということです。 医療脱毛よりも照射レベルが低いため、肌トラブルを引き起こす可能性も低くなります。 デメリットとして挙げられるのは、即効性や効果の低さ、肌トラブルが起きた際に対応できないことです。

医療脱毛と美容脱毛のどちらが向いている?

医療脱毛と美容脱毛の違いから、それぞれの脱毛方法に向いている人を見ていきましょう。

医療脱毛に向いている人

医療脱毛に向いているのは、早く脱毛効果を得たい人、長期的に体毛のない状態を維持したい人や、医師の診察や薬の処方を希望している人です。 一度に高額な料金を支払ってでも、ほとんど体毛がない状態をできるだけ早く、長期的に実現したいという人だと言えます。

美容脱毛に向いている人

美容脱毛に向いているのは、脱毛と美肌効果の両方を得たい人、痛みに弱い人、体毛を減らしたい人、金銭的な負担を軽くしたい人です。 すぐに効果が現れなくても、1回あたりの金額の負担を減らし、痛みの不安なく、体毛が目立たない状態になれば良いという人に向いています。

医療脱毛と美容脱毛の違いを把握して適切な選択を

医療脱毛と美容脱毛の違いはさまざまな面に見られるため、それぞれの特徴や違いを把握し、適切な選択を行うことが大切です。 それぞれにメリット・デメリットがあり、脱毛を希望する人の傾向も異なります。 「ウィズ・アス」では主にサロンに導入されてる美容脱毛器機を扱っております。 ウィズ・アスでは、美容機器の操作や効果を間近で見られる無料体験会を開催しているため、きっと参考になるはずです。
体験バナー
体験バナー