ダイエット中におすすめのおやつは?低GI食品に注目!

ダイエット中はおやつを食べてはいけないと考えている方も多いですが、中には罪悪感なく食べられるようなものもあります。特に普段から様々なお菓子を食べることがストレス解消や楽しみになっていた方の場合、無理をするとダイエットの挫折にもつながってしまうので、食べても問題ないおやつの特徴や消費についてご紹介します。

太りにくい低GI食品についてもチェックしてみてください。

ダイエット中でも食べてもOKなおやつとは?

ダイエット中に食べても良いおやつを探しているのなら、以下のようなものがおすすめです。

砂糖不使用のもの

砂糖が使われていないものから選択してみましょう。お菓子類に含まれていることが多い砂糖は高カロリーであるため、食べ過ぎるとエネルギーが余って脂肪蓄積に繋がってしまう恐れがあります。

ですが、体重やカロリーを気にしている方のため、普通不使用のおやつがたくさん売られているので、選択肢は豊富です。

例えば、ロッテのZEROシリーズはチョコレートやビスケット、アイスケーキなどがあり、砂糖ゼロ・糖類ゼロとなっています。また、森永製菓のマクロビ派ビスケットも白砂糖不使用で食品添加物なども含まれていません。

低GI食品

食後に血糖値を急上昇させにくい低GI食品もおすすめです。少し腹持ちの良いおやつで、なおかつ低GI食品を探したいと考えているのなら、大塚製薬の「SOYJOY」がぴったり。食べごたえがあります。

カカオの多いチョコレート

特にカカオ70%以上のチョコレートはダイエット中におすすめで、体脂肪が増えるのを抑制したり、腸内環境を改善したりする働きがあると考えられています。

例えば、明治の「チョコレート効果 カカオ72%」や、森永製菓の「カレ・ド・ショコラ カカオ70」、不二家の「ルック3(ハイカカオコレクション)」などが人気です。

カロリー、コレステロール控えめ

カロリーやコレステロールはどちらもダイエットの敵なので、できる限り控えめなものを選択しましょう。

カロリーが多いものばかり食べると脂肪蓄積につながりますし、コレステロールの取りすぎは脂質異常症に繋がる恐れもあります。

例えば、クラシエのアイス「Soy」はカロリー・コレステロールともに低いのでおすすめです。

ダイエット中におすすめ!低GI食品とは?

ダイエット中は血糖値の増加をゆるやかにし、脂肪を作らせないメリットがある低GI食品に注目してみましょう。食事で摂取した炭水化物は体内でブドウ糖になり、その影響で血糖値が上がります。

すると、すい臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖を必要な臓器に運んでエネルギーにするのですが、余った糖は脂肪として溜め込んでしまうのです。しかし、低GI値の食品は血糖値を上げにくいことからインスリンの分泌量を抑える働きがあり、結果的に脂肪蓄積を防ぎます。

そのため、おやつで取り入れるのなら経営維持や胃の食品を選択しましょう。

例えば、ウィズ・アスの「魔法のダイエット®」は、低GIで太りにくい体質を目指せるチョコレートサプリメントです。

カカオポリフェノールも配合されており、砂糖不使用であることからカロリーだけでなくコレステロールも控えめです。ダイエット中に向いているおやつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエット中も食べられるおやつを選ぼう

ダイエットに取り組んでいる最中は食べられるものが限定されてしまいますが、ご紹介したように食べても問題ないようなおやつ類もあります。砂糖を使っていなくても自然の甘みを感じられるものなどを選べばストレス解消にもつながるでしょう。

無理をし過ぎるとダイエットの挫折にもつながってしまうので、ご紹介したような罪悪感なく食べられる食品をうまく取り入れてダイエットに励んでみてください。