エイジングケアはいつから始めるべき?おすすめのタイミングを解説

年齢とともに目立ち始める肌の衰え。心配している方の中には、エイジングケアを始めたいと考えている方がいるかもしれませんね。エイジングケアはいつ頃から始めればよいのでしょうか。エイジングケアを始めるタイミングと自分でできる取り組みを紹介します。肌の年齢が気になる方は参考にしてください。


エイジングケアはいつから始める必要があるの?


エイジングケアはいつから始めればよいのでしょうか。おすすめのタイミングを紹介します。

エイジングケアとは?


エイジングは、加齢あるいは老化を意味します。よって、加齢や老化に合わせたケアをエイジングケアといいます。

アンチエイジングとの違いは?


エイジングケアとよく似た言葉にアンチエイジングがあります。アンチは対抗などを意味するので、アンチエイジングは加齢や老化に対抗する取り組みを指します。より積極的な取り組みに聞こえますが、現在のところエイジングケアとほぼ同じ意味で用いられています。

エイジングケアは何歳から始める?


一般的に、エイジングケアは20代から始めるべきとされています。20代中頃になると、肌の衰えを示すエイジングサインが現れやすくなるからです。少し早いと感じるくらいからエイジングケアに取り組むとよいでしょう。


肌の老化の原因とエイジングサインとは


年齢を重ねると肌の衰えを示すエイジングサインが現れます。具体的に、どのようなサインが現れるのでしょうか。

肌の老化の原因


エイジングサインは肌が老化することで現れます。肌の老化は次の原因などで引き起こされます。

ターンオーバーの乱れ


肌の新陳代謝をターンオーバーといいます。年齢を重ねるとターンオーバーの周期が乱れます。新陳代謝が滞ることで、乾燥や小じわなどが目立ちやすくなります。

活性酸素


活性酸素も肌の老化の原因のひとつとされています。活性酸素は、シワ・シミ・クスミ・タルミといった肌トラブルを引き起こします。活性酸素は、紫外線、喫煙、ストレスなどで過剰に発生する恐れがあります。

エイジングサインとは


エイジングサインとして自覚しやすいのが、小じわやシミなどです。気になる変化が現れた方は、エイジングケアを始めるタイミングが訪れているかもしれません。


自分で出来るエイジングケアとは


エイジングケアは自分で行うこともできます。具体的に、何をすればよいのでしょうか。

肌トラブルに合わせたケアを行う


基本の対策となるのが、肌トラブルに合わせたケアを行うことです。乾燥が気になる場合はセラミドなど、シワやタルミが気になる場合はビタミンC誘導体など、シミやクスミが気になる場合はトラネキサム酸などを配合しているスキンケア用品を用いるとよいでしょう。

紫外線対策


紫外線は、肌トラブルの主な原因とされています。よって、紫外線をケアすることも重要なエイジングケアになります。肌に影響を与えやすい紫外線は曇りの日や室内でも届くので、気を抜かずケアをすることが重要です。

生活習慣を見直す


生活習慣を見直し、活性酸素の発生を抑えることもエイジングケアに役立ちます。タバコを吸わない、ストレスを発散するなどを心がけるとよいでしょう。


おすすめのエイジングケア商品


最後に、おすすめのエイジングケア商品を紹介します。

フローレスC60


年齢による肌の衰えが気になる方におすすめの化粧品が、ウィズ・アスが販売しているフローレスC60(美容液・クリーム・ミストローションなど)です。最大の特徴は、活性酸素を吸着する注目の成分「フラーレン」を配合していること。フラーレンの抗酸化力は、抗酸化成分として知られるビタミンCの172倍です。高い抗酸化作用により、コラーゲンスコアのアップ、メラニン産生の抑制、シワ形成の抑制などが期待できるとされています。エイジングケアに最適な化粧品といえるでしょう。

オルビスUシリーズ


オルビスが販売しているオルビスUシリーズ(ウォッシュ・ローション・モイスチャー)もおすすめです。特徴は、水の通り道を作りエイジングサインを招く細胞の脱水状態を改善することです。細胞内部を潤すことで、本来の美しさを表現できる肌環境へと導いてくれます。


エイジングケアは早めに行いましょう


年齢とともに肌の状態は変化します。放っておくと小じわやシミなどが目立ちやすくなるので、エイジングケアは早めに行うほうがよいでしょう。基本の対策は、悩みに応じたスキンケア用品を用いることです。エイジングサインは活性酸素などにより引き起こされるので、活性酸素を吸着するフラーレンを含むフローレスC60はエイジングケアにおすすめのスキンケア用品と考えられます。気になる方は試してみるとよいでしょう。


体験バナー
体験バナー