エステの経営計画はどう立てる?押さえておきたい3つのポイントとは

エステの経営計画はどう立てる?押さえておきたい3つのポイントとは

エステを開業する際に欠かせないことが、経営計画を立てることです。 

経営計画を立てて事業計画書に落とし込むことは、サロン成功のためにも欠かせないことですが、金融機関から融資を受ける際にも必要となる大切な資料。 

正確で矛盾のない経営計画を立てることは、スムーズに開業するために必ず行っておきたいことです。 

エステ開業の資金調達でも重要になる経営計画

エステを開業するためには資金調達が必要ですが、資金を調達する上でも「経営計画」は非常に重要です。 

サロンをオープンするにあたって、融資を受けて資金調達をしたいと考えている方も多いことでしょう。 

しかし、融資を受けるためには「事業計画書」が欠かせません。 

事業計画書は返済の確実性を図るための資料となることから、矛盾なく、計画性のある事業計画書を作成することで審査通過率が上がるためです。 

エステ開業の資金調達を融資に頼りたいと考えているなら、経営計画をしっかりと練って、計画性のある事業計画書を作成することから始めましょう。 

経営計画を作成する際のポイント

それでは、経営計画を作成する際のポイントについて解説します。 

エステサロンのプロフィールを作成する

まずは理想とするエステサロンのプロフィールを作成しましょう。 

サロンのターゲット層や集客は立地により異なり、集客するターゲット層により提供するべきメニューやメニューの料金も異なってきます。 

ご自身が理想とするサロンの像を考えることにより、どのようなサロンを作っていくべきか自ずと見えてきます。 

開業のために必要な資金を計算する

理想とするエステのプロフィールを作成したら、実現させるために必要な資金を計算しましょう。 

必要な資金はサロンの規模やメニューの構成、立地などにより異なりますが、自宅開業であれば100万円前後、テナントサロンであれば400~500万円程度が目安となります。 

テナント費用・内装費・機器代・消耗品購入費用・宣伝費用・人件費など、考えられる費用を計算して必要な資金を算出してください。 

サロン開業後の運営予測を立てる 

開業資金を算出したら、開業後の運営予測を立てていきましょう。 

運営予測を立てる上でのポイントは、現実的なシミュレーションを行うことです。 

売上の予測を立てたら毎月の経費を差し引き、黒字となる損益分岐点を見つけます。 

1ヶ月間においての利益予測を立てたら、1年間に当てはめて予測を立てれば将来的な運営状況が見えてくるでしょう。 

サポートからの提案を受ける

経営計画を作成することが難しい場合は、「ウィズ・アス」で事業計画の提案を行わせていただくこともできます。 

「ウィズ・アス」ではエステ開業支援を行っており、ターゲットのニーズを分析してマーケティング調査を行った上で、開業前の戦略立案から中長期的な事業計画の作成まで、幅広く開業をサポートしています。 

もし経営計画の作成が難しいと感じられたら、これまでの経験とノウハウを活かしたサポートにより作成させていただくことも可能です。 

エステ開業準備は経営計画の作成から

エステの開業を検討している方は、まず経営計画の作成を行うことが欠かせません。 

サロン運営に関して将来的な予測を立てることは、金融機関から融資を受けるためにも、成功サロンになるためにも必要不可欠なことです。 

ただし、初めて開業する方がご自身で経営計画を立てることは簡単ではありません。 

もし作成が難しいと感じられたら、サロン開業支援を行っている「ウィズ・アス」のビジネスサポートをご活用ください。 

「ウィズ・アス開業支援」について詳しく見る

体験バナー
体験バナー


関連記事

フラーレン化粧水のおすすめは?選び方のポイントとともに解説

脱毛サロンの開業に失敗する原因と成功するための対策を紹介!

エステサロンの開業スタイルと初期費用のまとめ

若返りのために実践できるポイントや食事の注意点を解説!

いちご鼻を治したい!鼻の黒ずみができる原因と改善を知ろう!

開業サポート

エステサロン開業に向けて準備すべき事とサポートについて