S.S.C脱毛とは?脱毛できる仕組みやメリット・デメリットを解説

「S.S.C脱毛」とは、制毛効果を持つビーンズジェルをクリプトンライトで浸透させ、制毛効果を得るという高い人気を集めている脱毛方法です。 肌への刺激が少ないだけでなく、美肌効果も得られ、痛みが少ないことが最大のメリットとなります。 特徴や実際の施術方法、メリット・デメリットなどについて解説します。

S.S.C脱毛とは?仕組みや施術方法をご紹介

「S.S.C脱毛」で脱毛ができる仕組みや、実際の施術方法についてご紹介します。

S.S.C脱毛の特徴とは?

「S.S.C脱毛」は、照射されるクリプトンライトと、照射前に塗布するビーンズジェルの効果によって制毛を行う脱毛方法です。 ビーンズジェルの中には、尿素、サリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどが含まれた「フィリニーブ」という成分が配合されており、毛穴から浸透することで制毛効果を発揮します。

S.S.C脱毛で脱毛ができる仕組み

S.S.C脱毛では、事前に塗布したビーンズジェルをクリプトンライトを使って浸透させ、毛穴の中でフィリニーブの効果を得ることによって制毛します。 従来の脱毛法のように毛乳頭や皮脂腺にダメージを与えることはなく、肌の構造を正常に保ったまま、フィリニーブの働きによって制毛効果を得る脱毛法です。

S.S.C脱毛の施術方法

実際の施術の流れについて、順を追って解説します。 1.肌表面の体毛を除去する 2.施術する部位にビーンズジェルを塗る 3.ビーンズジェルの上からクリプトンライトを照射する 4.施術後のケアをする このように、S.S.C脱毛の施術方法は決して難しいものではありません。

S.S.C脱毛のメリット・デメリットとは?

メリット・デメリットの両方を確認しましょう。

メリット

・肌へのダメージを最小限に抑えられる ・美肌効果を得られる ・肌の弱い人へも施術できる可能性がある ・痛みが少ない ・フェイシャルやバストにも利用可能 S.S.C脱毛のメリットは非常に多くあります。 肌へのダメージを最小限に抑えるだけでなく、美肌効果も得られることは、従来の脱毛機と比較して大きなメリットです。 肌への刺激が少ないことで、肌の弱い人への施術ができる可能性も高まり、痛みも感じにくくなりました。 フェイシャルやバストのケアにも利用可能です。

デメリット

・ジェルを塗る必要がある ・医療脱毛と比較して即効性が劣る S.S.C脱毛のデメリットは、ジェルを塗る必要があることと、医療脱毛と比較すると即効性に劣るということです。 ジェルの効果で制毛を行うので塗布は必ず必要ですが、ジェルを塗るための時間と手間がかかり、施術の時間が長くなることが考えられます。 また、サロンでの脱毛ではあるので当然ですが、医療脱毛よりも即効性は低く、効果を実感するまでに複数回の施術が必要です。 ▼こちらでは、電気脱毛とはどんな施術方法なのか。また効果は高いけれどデメリットも知っておきたいという方はぜひ合わせてご参照ください。 電気脱毛とはどんな施術?効果は高いけれどデメリットも…

S.S.C脱毛の施術ができる部位について

S.S.C脱毛は基本的にどのような部位にも施術することができます。 美肌効果を利用してフェイシャルケアにも使うことができだけでなく、男性の濃いヒゲにも対応可能です。 ▼こちらでは男性やキッズで脱毛したいけど悩んでいる方におすすめな、脱毛の利用率と利用者の傾向を解説しています。ぜひあわせてご覧ください。 脱毛の利用率と利用者の傾向を解説|最新脱毛マシンも紹介します

S.S.C脱毛では制毛と美肌効果の両方が得られる

S.S.C脱毛は従来の方法とは違い、美肌効果を得ながら制毛が行えるという画期的な脱毛法です。 肌の構造や細胞へのダメージを最小限に抑えるため、肌の弱い人への施術ができる可能性が高く、痛みも少なくなっています。 クリプトンライトとビーンズジェルの効果によって制毛を行うことで、脱毛サロンでも安全に導入できる脱毛法です。 美容機器を取り扱う「ウィズ・アス」でも対象の脱毛機の取り扱いがあり、体験会も随時開催しています。 ぜひ無料体験で効果を確かめてみてください。
体験バナー
体験バナー


関連記事

フェイシャル機器業務用ならメタジェクト!差別化に有利な理由とは

肌の若返りを実現させる美容方法!日々の中で実現できる習慣とケア

ヒアルロン酸が持つ効果とは?化粧品の選び方もチェック!

エステサロンの利用率と利用者の傾向からわかる選ばれる店舗の特徴

エステサロンの求人で魅力的な人材を採用するためのコツを紹介!

開業支援でサロン出店!サポートの内容と開業の手順とは?