ハンドエステの利点とは?人とマシンが実現できる施術の違いに迫る

「ハンドエステ」はご年配の方から高い支持を得ているトリートメントですが、最新のエステマシンと比較してどのような利点やデメリットがあるかご存知でしょうか。

そこで今回の記事では、ハンドマッサージによるエステの利点・デメリットをご紹介し、最新のエステマシンとの違いについて掘り下げていきます。

ハンドエステの利点とは?

まずはハンドエステの利点を3つピックアップしました。

繊細なトリートメントが可能

全てを人の手と技術で行うオールハンドエステは、機械に比べて繊細なトリートメントが可能です。

微細な調整は人であるからこそできることで、機械にはなかなか難しいこと。

技術力を駆使した繊細な施術を好む方に受け入れられやすいでしょう。

安全性が高い

科学的な力を加えずに施術を行うため、安全性が高いことも利点のひとつです。

美容機器には、やけどや腫れ、色素沈着などのリスクが存在します。

しかし、人の手と技術だけを使った施術法では、やけどなどのトラブルが起こることはなく高い安全性を誇ります。

リラクゼーション効果が得られる

人から触れられることによって、リラクゼーション効果を得ることもできます。

女性ホルモンの多様な働きを考え合わせると,皮膚刺激による女性ホルモン分泌の変化は,身体だけでなくこころの様相にも影響を及ぼす可能性が考えられる.

出典:JSTAGE:(PDF)皮膚刺激と心身の健康

人から触れられると女性ホルモンやドーパミンなどの分泌量が増え、リラクゼーション効果、美肌効果、精神安定などさまざまな効果が得られると報告されています。

ハンドエステのデメリットは?

ハンドエステの利点の次は、デメリットについて解説します。

技術力によって効果が異なる

技術だけで施術を行う施術では、エステティシャンの技術力によって効果に差が生じます。

そのため、技術力が未熟なエステティシャンでは、お客様に満足感を与えられないことが考えられるでしょう。

エステティシャンの選択が難しい

技術力により効果に差が現れるハンドエステでは、エステティシャンの選択が困難です。

お客様はもちろん、エステティシャンを採用するサロン側としても選択の難しさは問題となります。

美容機器と比較して効果が低い

科学的な力を加えないハンドエステは、やはり美容機器と比較して効果は劣ります。

お客様が早期解決を望み、効果の高いトリートメントを求めている場合は、人による施術で満足されないこともあるでしょう。

実感できる効果の高さを考えると、人の技術力だけでは限界があることは否めません。

ハンドエステと比較した最新エステマシンのメリット

デメリットもあるハンドエステと比較して、最新のエステマシンには次のような利点があります。

効果がすぐに現れやすい

エステマシンの最大の利点は、効果がすぐに現れやすいということです。

例えば「メタジェクト」であれば、トリートメント直後から効果を実感していただけます。

肌ケア力も持続性も高く早期の効果を重視しているお客様から高い満足度を得られるでしょう。

操作方法・使い方が簡単

最新のエステマシンは操作方法や使い方が簡単です。

ハンドエステの技術を習得するためには経験と実績が必要ですが、エステマシンであれば、安全な使い方を覚えるだけで施術が行なえます。

ハンドエステには利点もデメリットもある

ハンドエステにはさまざまな利点がありますが、施術担当者による効果の差など、デメリットがあることも確かです。

ウィズ・アスの「メタジェクト」であれば、施術者問わずトリートメント直後からお客様に効果を実感していただくことが可能。

操作方法は簡単で、使い方を覚えるだけで高品質なトリートメントが提供できるようになります。

体験バナー
体験バナー