色素沈着(黒ずみ)を治したい、原因と対処について解説

更新日:2023.5.11

色素沈着に悩んでいても、具体的な解決方法がわからず、ケアに悩んでいる方は必見です。気が付いた時にはできてしまったシミ、今回はその原因や予防方法についてご紹介していきます。顔にできてしまったシミを悪化させたくない人は、しっかりチェックしましょう。

色素沈着の対策として、ターンオーバー、サロンでのケアも効果的です。シミが目立ってしまい、早くどうにかしたいと考えているのでしたら、今回ご紹介の内容をぜひ参考にしてみてください。

色素沈着(黒ずみ)とは

色素沈着は、ひじやひざなどが黒ずむ原因です。何かしらの理由でターンオーバー(新陳代謝)が乱れることにより、通常であれば排泄されるはずのメラニン色素が沈着することにより引き起こされます。メラニン色素は、紫外線や皮膚の摩擦など、さまざまな刺激により表皮のメラノサイトで作り出されます。ターンオーバーは、加齢や肌のダメージなど、さまざまな原因で乱れます。 

色素沈着(黒ずみ)が起こりやすい部位

色素沈着は起こりやすい部位と起こりにくい部位があります。起こりやすい部位は次の通りです。 

・ワキ 

物理的な刺激が加わりやすいため、色素沈着も生じやすいといえます。主な物理的刺激として、下着が擦れる、ムダ毛を剃る、ムダ毛を抜くなどが考えられます。また、制汗剤の成分も色素沈着の原因になりえます。 

・ひじひざ 

ひじ・ひざも物理的な刺激が加わりやすい部位です。主な物理的刺激として、机に肘をつく、立ち上がるときに膝を床に付けるなどが考えられます。以上のほかでは、身体を洗うときにひじやひざを強く擦ることもあげられるでしょう。 

・デリケートゾーン 

デリケートゾーンも、物理的な刺激が加わりやすい部位です。入浴中以外は、基本的に下着に締め付けられています。したがって、身体を動かすと擦れてしまいます。外からは見えにくいですが、黒ずみに悩まされやすい部位です。 

・顔 

顔は炎症を起こして色素沈着を生じるケースが少なくありません。代表的な例としてあげられるのがニキビです。あるいは、肌に合わない化粧品・洗顔料などによっても、炎症を起こして黒ずむことがあります。 

黒ずみ(色素沈着)予防方法

続いて、部位別に色素沈着の予防法を紹介します。 

・ワキ 

ムダ毛の処理で肌に負担をかけすぎないように注意します。ポイントは、乾いた肌にシェービングジェルなどを塗布して電気シェーバーで処理することです。処理後は、クリームなどでしっかりと保湿します。 

・ひじひざ 

ライフスタイルを改めることで予防できる可能性があります。具体的には、肘や膝を机や床につかないように心がけます。柔らかい素材の下着を着用する、身体を洗うときに強くこすらないなども重要です。 

・デリケートゾーン 

タイトな下着は摩擦を起こしやすいためおすすめできません。同様の理由で、スキニーパンツなども控えるほうがよいでしょう。黒ずみを予防したい場合は、余裕のある下着・パンツを選びましょう。 

・顔 

ニキビができている場合は、できるだけ触らないようにします。もちろん、必要に応じて適切な治療を受けることも重要です。化粧品や洗顔料などは、自分の肌に刺激を与えにくいものを選びます。 

色素沈着の種類と症状

まずは自分にできている顔のシミがどういったものなのかを知ることが大切です。それぞれの色素沈着の特徴をチェックして、自分のものがどれに該当しているのか観察してみましょう。色素沈着にはいろいろな種類が存在していることを忘れてはいけません。

老人性色素斑

年齢とともに徐々にめだってくるようになる、円形の色の濃いシミです。できはじめたころは薄い茶色で、そこまで目立っていなかったのに、時間の経過とともに黒みが増して濃くなってしまいます。紫外線が原因のため、紫外線が当たりやすい部分にできやすいです。

大きさはさまざまで、大きくなると数センチにもなってしまいます。人によっては若い内からできてしまうこともあります。

雀卵斑

「そばかす」とも呼ばれています。1ミリ前後の小さな茶色い斑点が鼻のあたりから頬にかけて広がってしまいます。遺伝要素が強いため、幼児期、思春期あたりで色濃くなっていき、あとは年齢を重ねるごとに薄まります。しかし紫外線の影響で濃くなってしまうこともあります。

炎症後色素沈着

ニキビができたあとにできたシミです。肌が炎症を起こしたことにより、メラノサイトが刺激を受け、余計にメラニンを生成してしまうことで発症します。

肝斑

ほかの色素沈着に比べて強化一線ははっきりしていませんが、薄茶色や黒っぽい茶色いもやが広範囲に広がったようになってしまいます。頬全体や口の周りなどにできやすいです。30代、40代の方に多くみられる症状です。

ADM

青っぽいあざのようなシミができる特徴があり、色も濃いです。ADMは皮膚のより深い位置の真皮層と呼ばれるところで発生するため、通常のシミ対策などでは治りません。肝斑に似ている色で出て来ることがあるので、区別が難しい場合もあります。

アトピー性皮膚炎

メカニズムとしては炎症後色素沈着によく似ています。アトピーの方は非常にデリケートなため、ちょっとした刺激でもメラノサイトが刺激されてしまいます。色素沈着が起こりやすい条件がそろっているので、注意が必要です。

色素沈着とその原因

色素沈着が起こる原因はさまざまで、日焼けなどの紫外線が原因していることもあれば、肌が刺激を受けた摩擦によるものが原因の場合もあります。そのほかにも自身のホルモンバランスの乱れやストレスが原因となります。

紫外線と日焼けによる色素沈着

紫外線と日焼けはお肌の大敵といったもので、こうした二つの要因があとあと色素沈着を発生させるきっかけになってしまいます。紫外線のダメージを軽減させるためにメラニン色素が肌を守ろうとするため、紫外線の予防をしないと、将来的にシミができてしまうのです。

紫外線などの刺激を受けるとシミが増えてしまう、と覚えておくと、ケアや予防はしやすくなります。

摩擦による色素沈着

普段から使っているシートタイプのメイク落とし、洗顔後に顔をタオルで強く拭いてしまう。こういった摩擦は紫外線の影響とほぼ変わりません。日常生活の中でのなにげない行動で、肌に摩擦を与えてしまう場面は多々あります。

洗顔、化粧、メイク落とし、どれも顔に触るものですので、無駄に摩擦を与えないように注意しましょう。摩擦のせいでメラニンが生成されてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ・ストレスにより色素沈着

ホルモンバランスが崩れやすい時期にも注意が必要です。月経や妊娠中、産後に更年期とホルモンバランスが崩れる機会は意外と多く、シミのできやすいタイミングも多いのです。シミの原因たるメラノサイトは脳神経と深いかかわりがあり、強いストレスを感じたときもシミができやすくなってしまいます。

科学物質による色素沈着

これは化学物質を含んだ化粧品やスキンケア用品を使用することで発生します。香料などでアレルギー反応が出てしまい、肌が炎症することで炎症後色素沈着が発生してしまう、というような状況です。化粧品以外にもナイロン製のタオルなど、顔に当たるものには注意しましょう。

自分に合わない製品を使わない、というのは鉄則です。

色素沈着の対策と予防方法

色素沈着を引き起こさないためにも、普段からのケア、予防策が重要となって来ます。基本はUVケア、そしてターンオーバー、などと普段のスキンケアで注意していきましょう。

▼こちらの記事ではシミ予防に効果的なスキンケア方法について解説しています。あわせてご覧ください。
シミ予防に役立つスキンケアの手順とおすすめのスキンケア製品を紹介

UVケア

シミの多くは紫外線が原因しています。まずは1年間を通してしっかりとUVケアを取り入れることが重要です。日差しが強いのは真夏だけではなく、その前後だって当然紫外線は発生しています。量は少なくても冬だって油断はできませんので、注意しましょう。

ターンオーバー促進

肌を新しくするターンオーバーを促進すれば、一度できてしまったシミも綺麗に治ることがあります。色濃くて悩んでいたシミも綺麗に薄くなっていきますので、できてしまったシミを撃退するなら、サイクルをよくしましょう。

ターンオーバーの促進は、質の高い睡眠、バランスの取れた食生活、こまめな運動に加え、自分にあった効果的な美容液を取り入れることで可能です。健康的な生活にするだけで、大きく変わってきます。

▼ターンオーバー促進に関して詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

ターンオーバーを促進させる方法とは?肌の原理とともに解説

色素沈着を緩和させる美容成分

近年の化粧品には色素沈着を改善させる化粧品も販売されています。メラニンの生成自体を阻止したり、ターンオーバーの促進をしたりと化粧品によって成分が変わってきます。自分の肌に合わせて選びましょう。

肌の状態をよく見て選ぶことが大事です。

美肌づくりに良いとされる食べ物

美肌に良いとされる食べ物と言えば、レモンやいちご、ブロッコリーやピーマンといったビタミンCの豊富なもの、ほうれん草やにんじんといったビタミンAが豊富なもの、肉、魚といったたんぱく質の豊富なものがあります。

美肌維持のためには、こうした食べ物をバランスよく摂取する必要があります。偏食やバランスの悪い食事にならないように注意しましょう。健康な食事も、美肌には大事なのです。

色素沈着を悪化させないためには

できてしまったシミを悪化させないためには、洗顔や紫外線といった刺激を必要以上に与えないということが重要となってきます。一番身近なところでいえばUVケア、洗顔時や化粧落としの際の肌への摩擦などです。とくに洗顔はつい力を入れて洗ってしまいがちですが、泡で優しく洗うことを心がけましょう。

季節や天候に関係なく、紫外線予防をするのも重要です。日焼け止めとまではいかなくとも、下地クリームはUVカットのものを選ぶと良いでしょう。紫外線は夏だけのものではありませんので、こうしたこまめな対策が重要なのです。

色素沈着を治すには肌のターンオーバーを

ターンオーバーは新しい肌を作るサイクルです。シミのできてしまった皮膚が剥がれ落ち、新しい肌が生まれてくることで、元の綺麗な状態に戻っていきます。

色素沈着ができてしまったら、しっかりとケアをしつつ、ターンオーバーにも力を入れてみてください。

サロンで色素沈着の改善・ケアが効果的

すぐにターンオーバーを実施するのが難しい、自分でやるのはちょっと面倒くさい、そう感じるならサロンに任せてしまうのも一つの手段です。レーザートーニングといってシミの原因に直接効果があるものや、外用薬などサロンならではの方法でケアを実施してくれます。

自分でやるのが難しい場合、サロンで相談し、原因を特定した上でケアをして貰うのも効果的です。

早めのケアとターンオーバーが効果的

色素沈着を発生させないためには、紫外線対策とターンオーバーを取り入れることが重要です。また、生活習慣の改善も、色素沈着を治したり、予防したりするのに効果的ですので、自分の色素沈着の原因をチェックしましょう。

最新のフェイシャル機「メタジェクト」は、肌への刺激とコラーゲンブースターの導入により肌のターンオーバーを促進させる効果もあり、色素沈着などの肌トラブルの解消を導きます。

メタジェクトを導入したいと考えているサロン様は、ぜひ一度ウィズ・アスで行っている無料の体験会に一度ご参加してみてはいかがでしょうか。

「メタジェクト」を詳しく見る

ヒアルロン酸化粧水
体験バナー
体験バナー


関連記事

頬のたるみは実年齢より老けて見える、改善するポイントをご紹介!

全然、間にあう!50代から始められるエイジングケアの方法

腸内フローラとは?腸内環境を整える方法も紹介

S.S.C脱毛とは?脱毛できる仕組みやメリット・デメリットを解説

光脱毛の仕組みと種類について徹底解説

ダーマペンの効果とは?施術がおすすめの人の8つの特徴