業務用脱毛機の値段は何で決まる?本体価格以外にかかるコストとは

エステサロンに導入する業務用脱毛機は、できるだけコストがかからないものがベストです。ここでいうコストとは、脱毛機の本体価格だけではなく消耗品の交換費用や電気代などのランニングコストも含まれます。
 
今回は、実際に使われている業務用脱毛機の価格も含めて、コストパフォーマンスの面で意識しておきたいポイントを詳しく解説します。

業務用脱毛機はコスパで選ぼう

エステサロンに業務用脱毛機を導入する場合、何百万円という大きな買い物をすることになります。せっかく高い機器を導入しても、長く使い続けられないとすぐ次の業務用脱毛機を探さなければなりません。

費用対効果が高いものほど長く使えるため、コストパフォーマンスを重視して効率の良い業務用脱毛機を選ぶようにしましょう。購入時には、以下の2点についてチェックしてください。

本体価格

業務用脱毛機の本体価格は、高ければ高いほど性能が良いというわけではありません。実際に使ってみなければ使い心地はわかりませんし、安い機器のなかにもコストパフォーマンスの良いものはたくさんあります。

店舗で使う業務用脱毛機は、本体価格が100万円以上かかるものがほとんどです。なかには400万円以上するものもありますが、高い機器を購入する場合は予算やランニングコストも含めて考える必要があるでしょう。

ランニングコスト

脱毛機のランニングコストは、ランプの交換費用と総ショット数で決まります。エステサロンではフラッシュライトを当てて脱毛を行うために、「光源ランプ」と呼ばれるものが使われます。

機器のランプは消耗品なので、何度も使っていくうちに劣化し交換が必要になります。ランニングコストを見るときには、このランプ交換にかかる費用と、ランプそのものの寿命をみなければなりません。

また、総ショット数によるコストの変動にも注意が必要です。一般的に、1ショットにかかるコストの相場は0.1円~1.2円になりますが、なかには2円になるケースもあります。

全身脱毛なら約2,000~3,000ショットが必要になるので、数百円から4,000円近いコストが発生すると考えられます。このコストを踏まえたうえで施術費用を設定し、同時に脱毛機本体にかかった費用も回収することになります。

業務用脱毛機の値段をご紹介

やはり1ショットあたりの価格が1円を切るものについては、ランニングコストが低く抑えられています。

しかし少ない回数ですぐに取り替えなければならないものはこまめに交換費用がかかってしまうので、長寿命のものを選ぶと良いでしょう。

コスパの良さからおすすめする業務用脱毛機はこれ

OLTRE DUE オルトレドゥエ

現状国内で流通している国産脱毛機と謳われているものの大多数は、海外で設計、開発、製造されたパーツを日本で組み立てたものです。反してオルトレドゥエはそれらすべてを日本国内において実現し、低価格にて最高水準のマシンを提供することを可能にしました。

体験バナー
体験バナー