業務用脱毛機として人気のオルトレシリーズの歴史を紹介

業務用脱毛機には様々な種類がありますが、それぞれの歴史や開発ストーリーを理解しておくと、その脱毛機の魅力をより深く理解できたり、お客さんに施術をする際の話のネタになったりします。
ここでは業務用脱毛機であるオルトレシリーズについてご紹介するので、役立ててみてください。

業務用脱毛機「オルトレシリーズ」の歴史

オルトレシリーズは最新機能を兼ね備えた脱毛機であり、性能重視で選びたい方から人気です。

業務用脱毛機であるオルトレシリーズは、日本で製造しているオルトレドゥエと、イタリアで製造しているオルトレウノの2種類があります。いずれも、S.S.C.M(スムーススキンコントロールメソッド)と呼ばれる脱毛方式を使用した業務用脱毛機です。
この脱毛方式の大きな特徴ともいえるのが、肌に優しく、美肌効果も高いということ。脱毛したいけれど痛みが不安という女性からも選ばれています。

日本ではまだ脱毛の歴史がそれほど長くはありませんが、オルトレシリーズの中でもオルトレドゥエは日本人によって開発された商品ということもあり、日本人の肌に合った商品です。オルトレウノもイタリアのDEKA社が日本人の肌、毛質に最適なトリートメントを実現するために開発された本人向けた日本仕様のマシンとなります。

開発ストーリー

ウィズ・アスが初開発したマシン「オルトレドゥエ」の開発ストーリーをご紹介します。この商品を作る際、大きな目標にしていたのが、最高スペックの業務用脱毛機をできるだけ低価格で提供したいということ。

これを実現するため、開発はもちろん、設計や製造、販売、インストラクション、メンテナンスまですべて自社で採用できる流れを作っています。
もともと4ヶ月ほどで試作品を作る予定でしたが、会社全体から様々な要望を出してもらい、それぞれの要望にこたえられるマシンを作ったところ、開発までには1年ほどかかりました。

ハイスペックなマシンを開発しようと考えた際に問題になったのが、消費電力に関することです。機能性を高めれば高めるほど必要電力が高くなってしまうので、スピードとパワーを兼ね備えた上で日本の電力企画に収まるマシン開発をするのに苦戦しました。

妥協することなく商品開発を行ったことにより、多くのオーナーから評価される業務用脱毛機となっています。

2つのオルトレシリーズの特徴

オルトレドゥエと、オルトレウノのどちらを導入しようか悩んでいる方のために、それぞれの特徴と、メリットについてご紹介しましょう。

オルトレドゥエ

小さな個人サロンにも向いているタイプの脱毛機で、サイズが幅530mm×奥行640mm×高さ300mmと小型で、重量も25kgと軽いのが特徴です。
ですが、パワーもスピードもしっかり兼ね備えています。

制毛、バストケア、フォトトリートメントといった3役を1つでこなすので、様々なメニュー考案するのにも役立ちます。また、オートモードを搭載していて、操作性が非常にわかりやすいのも魅力だといえるでしょう。
まずは小さなサロンから始めたいと考えている方にとっても、納得のいく1台です。

オルトレウノ

ドゥエよりも大型で、サイズは幅450mm×奥行750mm×高さ900mm、重量は66kgなので、本格的な業務用脱毛機を導入したい方にぴったりです。
24時間フル稼働もできるので、パワフルに働いてくれる脱毛機だといえます。また、大きな魅力としてマニュアル設定が可能で、どのような肌質、毛質にも対応できるということ。そのため、豊富なメニューを考案できます。

全身脱毛でも60分以内で完了するので、回転率の速さも見逃せません。ハイパワー重視で選びたい方でも納得できます。脱毛専門サロン、回転率重視の大型店への導入をおすすめします。

商品に悩んだらまずは体験会から

オルトレシリーズについてご紹介してきましたが、それぞれどのようなサロンを経営したいと考えているのかによって向いているタイプが異なります。そのため、まずはウィズ・アスで開催している無料の体験会からご検討ください。
体験会の中では実際にマシンを試すことが可能となっているので、性能や痛みなどを総合的に判断するのにも役立ちます。

ウィズ・アスでは万全のサポート力でサロンオーナー様を支えているので、これからサロンをオープン予定の方もお問い合わせください。

体験バナー
体験バナー