業務用脱毛機なら純国産の「オルトレドゥエ」がおすすめ!

どの業務用脱毛機を導入しようか悩んでいるのなら、純国産のものから検討してみるのがおすすめです。

ただの国産の製品に比べてどのような違いがあるのか、純国産として評価されている業務用脱毛機「オルトレドゥエ」はどのような特徴があるのかなどについてご紹介しましょう。

脱毛機 オルトレ

業務用脱毛機の純国産と国産の違い

業務用脱毛機を導入するのなら、国産のものではなく、品質が高くて信頼できる純国産のものから検討してみてはいかがでしょうか。
国産として販売されている商品だったとしても、実は海外から輸入し、販売を日本で行っているだけの商品がたくさんあります。

そもそもなぜ海外製なのに国産と称して販売するのかというと、海外製の中には壊れやすいだけでなく、十分な効果が期待できないものもあり、印象が良くないケースがあるからです。
万が一壊れやすい製品を選んでしまった場合、修理の間は代替機を頼まなければなりませんが、故障率が高いマシンはその代替機さえ空きがなく、結果的に2台目を購入しなければならないようなケースまであります。

一方で部品や組み立てもすべて日本で行っている純国産の製品なら高い日本品質が保証されているため、安心して選択できるでしょう。

海外製と日本製の脱毛器の違いに関しましては、こちらに記載しておりますので気になる方はぜひご覧ください。
日本製と海外製の脱毛機は何が違う?それぞれの特徴を確認

純国産のオルトレドゥエの魅力

純国産の業務用脱毛機である「オルトレドゥエ」の大きな魅力として、高い効果と刺激の少なさ、サポートの充実が挙げられます。

痛みがなく、効果が高い

オルトレドゥエは、肌への刺激が少なくて痛みのない「S.S.C.M.」と呼ばれる脱毛方式を取り入れています。
また、美肌効果も高いのが魅力です。

しかも全身トリートメントにかかる時間はほんの1時間程度(照射時間はほんの6分程度)であり、スピーディーな施術ができる点も見逃せません。

充実したサポート

万が一に備え、365日対応のメンテナンスサポートが用意されているほか、訪問修理にも対応しています。
実はメーカーの中には平日のサポートには対応しているものの土日は対応ができず、月曜日まで待たなければならないところがあるのですが、ウィズ・アスの場合は土日でもしっかり対応しているのがポイントです。

トレーニングを積んだ技術者が駆けつけて対応してくれるので、急な対応も可能です。
故障などにも安心して備えられるマシンを選択したいと考えている方もチェックしてみてはいかがでしょう。

スタッフ教育サポートやデモンストレーション、販売促進サポートなども行っているため、初めて業務用脱毛機を購入しようと考えているサロンでも安心です。

オルトレドゥエを導入された方の声

実際にオルトレドゥエを導入したサロンからは、オルトレドゥエを導入した事により施術の時間が短縮された、これによりスタッフへの負担も減ったとの声が寄せられています。

これまでは全身脱毛の施術に1人当たり2時間30分ほどかかっていたそうですが、半分ほどの時間で終わるようになり、回転率が増えたそうです。

1人当たりにかかる時間が短くなった関係で来店人数が増えて売上も2倍になったとのことなので、回転率の高いマシンを導入したいと考えている方に特におすすめです。

▼こちらの記事では業務用脱毛機の選び方について詳しく解説した記事になります。あわせてご覧ください。

業務用脱毛機の選び方!種類から選定基準までを解説

使いやすく効果も高いオルトレドゥエに注目

オルトレドゥエは、評判が良くて品質も高い純国産の業務用脱毛機を探している方から選ばれているマシンです。
使い方もわかりやすく、直感的に操作できる画面表示となっているため、あまり操作方法が難しいものだと使いこなせないかもと悩んでいる方でも安心できます。

オルトレドゥエの開発ストーリーについての記事も別記事で紹介しております。
あわせてご覧ください。

業務用脱毛機オルトレドゥエの開発ストーリー秘話を紹介!

メンズ脱毛の分野でも評価されており、脱毛のほか、フェイシャルやバストでも活用できるので、様々なメニューの提案ができるのもポイントですを行っているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

商品スペックを知りたい方はこちらのページから   オルトレシリーズ

体験バナー
体験バナー


関連記事

業務用脱毛機として人気のオルトレシリーズの歴史を紹介

保険制度はサロン経営に欠かせない!保険の内容や料金をチェック

業務用脱毛機は【安全性】安心できる脱毛機について解説

シミができる原因とは?効果的な対策方法とおすすめの化粧品

自分磨きで自分に自信を持つ!実践したい効果的な方法とは?

美肌を目指して取り組みたい6つの腸活と肌と腸内環境の関係