老化を加速!肌の酸化を防ぎ老いを予防しよう!

更新日:2023.7.20

日常の様々なシーンで受けるストレスにより酸化してしまう肌…。

酸化が進むと肌が衰えてしまい、シミやしわなどの老化が進んでしまいます。

肌の酸化を防ぐために、その原因と予防方法をご紹介します。

肌の酸化はどうして起きるのか

「酸化」とは簡単にいうと「錆びてしまう」ことで、つまり「肌の酸化」とは、「肌が錆びてしまう」こと。この酸化には「活性酸素」が関係しており、活性酸素とは酸素が変化して生じます。活性酸素は何かにくっ付く特性があり、くっ付いた物質は酸化させてしまい働きを低下させてしまうのです。

【活性酸素が発生する原因】
排気ガスなどの環境汚染物質の吸引や添加物の過剰摂取、睡眠不足外線、ストレス、喫煙など様々な外的要因や、加齢による活性酸素分解酵素の減少

活性酸素は肌を酸化させて、メラニンの増加やシミが出来てしまうほか、肌荒れやくすみ、たるみなどエイジングサインが促されてしまい老化を早めてしまうのです。

肌の酸化を予防するためには

肌の酸化を予防する方法は、肌ストレスの予防も含めて5つの方法が挙げられます。それぞれのポイントを詳しくチェックしていきましょう。

ストレスをためないようにする

ストレスは活性酸素を増やしてしまう原因となります

ストレスを貯めないために規則正しい生活を心掛け、十分な睡眠時間を取るようにしましょう。

UV対策をする

肌トラブルの原因になりやすい紫外線(UV)は、日焼け止めなどを使ってしっかりとガードすることが大切です。季節を問わず、朝から日中にかけての期間は日焼け止めだけではなく、帽子や日傘も活用して紫外線対策を行いましょう

直接肌に当たる日差しだけではなく、ものに光が当たった際に反射して差し込む「反射光」や、空気中を漂う粒子などに光が当たって散らばる「散乱光」も肌に影響を与えます。太陽を遮っているから安心というわけではなく、常に日焼け止めやその他のアイテムでガードすることが大切です。

激しい運動を控える

激しい運動は心臓をはじめとする臓器から筋肉、関節など全身に負担をかけるため、長時間負担をかけ続けるのではなくウォーキングやストレッチなどの軽い運動にとどめましょう

運動のあとは、筋肉だけではなく全身にストレスがかかっています。軽い運動でも体を休めて無理をせず、水分補給や栄養補給を行ってストレスを取り除くようにします。ダイエット中は特に無理をしやすいので、体をいたわりながら運動を続けるようにしましょう。

飲酒・喫煙を控える

飲酒や喫煙は嗜好性が高く、毎日の習慣にもなりやすいものです。しかし、飲酒によって余分なカロリーを摂取したり、アルコールの利尿作用で水分が失われたりと、老化を招くおそれもあります。

喫煙については、化学物質による影響が考えられます。「タバコ顔(スモーカーズ・フェイス)」とも呼ばれる喫煙者特有の顔つきは、肌の弾力を維持するコラーゲンの生成がタバコによって抑えられ、弾力を失った皮膚にシワが現れたものです。

少しでも老化を抑えるためには、バランス良く栄養を補給しストレスを溜めないように心掛ける必要があります

ビタミンなどの栄養素を積極的に摂る

肌の酸化を予防するためには、抗酸化作用をもつ栄養素を積極的に口にしましょう。

野菜や果物、その他の食品を組み合わせて摂取するのが理想的ですが、サプリメントなどのアイテムも栄養バランスが偏りやすいときの強い味方になってくれます。ここからは、アンチエイジングに効果的な栄養素を紹介します。

ポリフェノール類

ポリフェノールは植物に含まれている成分の一種です。化学構造が異なる5,000種類以上が存在するとされ、「カテキン(緑茶)」や「カカオポリフェノール(ココア)」「アントシアニン(赤ワイン)」が広く知られています。

ポリフェノール類は、植物たちが紫外線や外気から受けるストレスに耐えるために生成した天然の抗酸化成分でもあります。苦味が強いという特徴がありますが、人間にとっても抗酸化作用をもたらし、生活習慣病の予防や活性酸素の除去に役立つと考えられています。

ビタミン・ミネラルと同じように体内に入ると長時間留まることができないため、食べ物などから定期的に摂取しましょう。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類され、粘膜を健康に保つ働きがあります。抗酸化作用も高く、酸化ストレスから体を守り、健康を維持できると考えられています。

ビタミンAはさまざまな食品に含まれており、にんじん・トマト・かぼちゃは代表的な食材です。他の種類のビタミンやミネラルと組み合わせて摂取すれば、お互いを補う作用が生まれ、アンチエイジングに役立ちます。

ビタミンC

ビタミンCはニキビや吹き出物、口内炎といった炎症の予防に役立つ水溶性ビタミンの一種です。基礎化粧品にも使われることが多く、体の外側と内側から炎症を予防する効果が期待できる栄養素です。

人間は体内でビタミンCを合成できないため、定期的に食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。

食材としてはブロッコリー・キウイ・レモン(柑橘類)・イチゴに多く含まれており、緑黄色野菜から手軽に摂取できます。

ビタミンE

ビタミンEは8種類の化合物からなる脂溶性ビタミンで、ビタミンB群の一種であり高い抗酸化作用が特徴です。

細胞膜を酸化から保護するため皮膚や粘膜を健康に保ち、赤血球の正常な働きを助ける重要な働きも担っています。ただし、体内に蓄積しにくい栄養素のため、食事やサプリメントで定期的に補わなければなりません。

食材ではナッツ類・アボカド・かぼちゃ・モロヘイヤ・大豆・魚介類に多く含まれています。

カロテノイド

カロテノイドは動植物に含まれる色素であり、自然界には600種類以上が存在しています。強力な抗酸化作用が特徴で、体内に蓄積した活性酸素を除去する働きがあるといわれています。

代表的なカロテノイドには「β‐カロテン(にんじん)」や「リコピン(トマト)」「カプサイシン(唐辛子)」が挙げられ、ビタミンやミネラルと併せてカロテノイドを含む食材を取り入れることで、体の内側から抗酸化力アップが期待できるでしょう。

ミネラル類

ミネラル類は、人間の体を構成する成分でありなくてはならない栄養素の一つです。ビタミンCなどと同じく体内で合成ができないため、食材から定期的に摂取する必要があります。

ミネラル類としてはナトリウム・カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・ヨウ素・セレン・リンなどが挙げられ、魚貝類・海藻類・種子類・海苔に豊富に含まれています。偏りなく、バランスを意識して必要量を摂取しましょう。

肌の若返りを実現させる美容方法!日々の中で実現できる習慣とケア

抗酸化力が高い美容成分「フラーレン」

フラーレンは強力な抗酸化力をもつ美容成分です。フラーレンのような抗酸化力の高い成分をスキンケアに取り入れることで活性酸素を減らし、シミ・しわなどの老化改善や美白や肌荒れなどを改善にも効果があり、美しい肌を作り上げることが出来ます。

■ビタミンCの172倍の抗酸化力がある

フラーレンの抗酸化力はなんとビタミンCの172倍。フラーレンをスキンケアに導入する際、ビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液などを併せて使用すると、コラーゲンの生産量が1.3倍になり大きな効果を得ることができます。

■抗酸化力が長時間継続する

一般的な抗酸化成分は活性酸素から肌組織を守る為に活性酸素によって成分自体が酸化することで守ってくれますが、酸化したあとはその成分には何も効果が無くなってしまいます。

ですがフラーレンは活性酸素を吸収して無害化する働きがあり、フラーレンの成分自体は酸化されず、効果が継続し続ける特徴があり、約11時間効果が継続すると言われております。

毎日のスキンケアに朝・夜を使用すれば、活性酸素から肌を守り続けてくれるため美しい状態の肌が続くので、常に効果的なスキンケアがされている状態にしたい方にとてもおすすめです。

■フラーレン配合を証明するマークをチェック

フラーレンを規定以上に配合している製品には「M.F(ルボソーム化用フラーレン)」「R.S(水溶性フラーレン)」「L.F(油溶性フラーレン)」というマークがあります。このマークは高品質を証明するマークなので、フラーレンの効果を感じたい方はこれらのマークを確認して購入しましょう。

フラーレン高配合化粧品「フローレスC60」

フラーレンが配合されているスキンケアアイテムはたくさんありますが、特におすすめしたいものは「フローレスC60」です。

フローレスC60は、クレンジングジェル、洗顔フォーム、ミストローション、美容液、美容クリームと5つのアイテムが展開されラインで使うことが可能。さらにすべてのアイテムにフラーレンが配合されており、規定以上のフラーレン成分が配合されている証である「R.S(水溶性フラーレン)」「L.F(油溶性フラーレン)」のマークも付いているのでフラーレンの高い効果を得ることができます。

特に「ミストローションW」は、ミストタイプの化粧水で簡単にスキンケアができ、トリプルビタミンC・トリプルヒアルロン酸・トリプルセラミドが配合され、健やかで若々しい肌を作ることができるアイテムなのでぜひ利用して頂きたいアイテムです。

肌の老化を防ぎ、ハリのある美しい肌でありたいと考えている方は「フローレスC60」シリーズでフラーレンの抗酸化力の高さと効果をぜひ実感してみてください。

「フローレスC60」 詳しく見る

ヒアルロン酸化粧水

酸化の原因を押さえて効果的にアンチエイジング

今回は、肌の老化を招く酸化の予防方法や抗酸化に役立つ成分・栄養素について紹介しました。老化に繋がりやすい原因としては紫外線やストレスのほかに、嗜好品の摂りすぎや偏った食事も含まれます。

ビタミンやミネラル、カロテノイドのように抗酸化作用のある栄養素を組み合わせて摂取しながら、その中でも特に高い抗酸化力をもつ「フラーレン」も取り入れて、体の内側と外側からアンチエイジングを目指してみてはいかがでしょうか。

体験バナー
体験バナー


関連記事

エイジングケアとは?始めるべき年齢と必要となる基本のケア3選

シミ予防に役立つスキンケア手順とおすすめのスキンケア製品を紹介

抗酸化作用が期待できるたべもので老化予防!おすすめ食材は?

世界の脱毛事情を紹介!他の国と比べて日本の脱毛技術はどう?

フェイシャル機器は最新のものがおすすめ!人気製品の特徴は?

ハンドエステの効果とは?種類や機器との違いを解説