フェイシャル機器を導入するタイミングは?導入するメリットは?

業務用フェイシャル機器を導入するタイミングは、オールハンドからの転換と最新型機器の購入を検討したときです。
機器を設置することは、お客様満足度を高めることと、施術者の負担を軽減させることに繋がります。
今回は、おすすめのフェイシャル機器の情報と導入するべきタイミングについて解説します。

業務用フェイシャル機器導入のタイミング

業務用のフェイシャル機器を導入するべきタイミングは次の2つのケースです。

オールハンドの施術からの転換

オールハンドよりも効果の高い施術を行うための転換期です。
イオン導入やピーリングなどのフェイシャルエステでより高い効果を発揮させるには、やはりフェイシャル機器が必要でしょう。
オールハンドにも良さがありますが、ダイレクトにお客様満足度を高めるためには、施術の効果を高めていくことがいちばんです。
オールハンドで施術を行っているサロンにおいて、より高い効果を提供したいと考えたときが導入するべきタイミングだと言えます。

最新のフェイシャル機器の導入

最新型のフェイシャル機器の導入を検討しているときも、適切なタイミングです。
古い機器を買い替える際に、新たな機器の購入を検討するサロンは多いもの。
新たな機器を設置することで、「最新式の施術ができるサロン」となり、サロンの評価も高まるでしょう。
また、新たな客層やリピーター層にアプローチすることも可能となるため、最新機器の購入を検討されているなら、ぜひ取り入れてみるべきです。

業務用のフェイシャル機器を導入するメリット

業務用のフェイシャル機器を利用するメリットは次のとおりです。

機器による集客や回転率アップ

業務用フェイシャル機器を導入することで、集客力と回転率が高まることが期待できます。
「最新の機器があるサロン」には、最新式の施術を希望する新たな客層が集まるものです。
また、オールハンドの施術は時間がかかりますが、機器を使用すれば施術時間の短縮に繋がり、新たに集客できたお客様も含め、より多くの方に施術を行えます。
機器を取り入れることは、集客率・回転率アップにつながり、収益増をもたらすでしょう。

首や目元の小じわにも対応するメタジェクト

最新型の「メタジェクト」という機器は、首や目元の小じわにも対応可能です。
首や頬、目元の細かいシワに対する施術は、オールハンドでは限界があります。
しかし「メタジェクト」なら首やデコルテはもちろん、目元の際まで施術が可能であり、細かなシワの改善にも効果的です。
オールハンドでは難しい部位に対する施術を行えるようになれば、既存の休眠客を再来店に繋げられる可能性もあるでしょう。

メタジェクトはお客様と施術者の評価が高い

メタジェクトはお客様・施術者の双方から高い評価を得ている機器です。
一度の施術で効果が実感できますが、継続して施術を受けることで、効果の持続時間も長くなっていきます。
また、短時間で施術が終わり、シンプルな操作性を持っていることから、施術者への負担も軽減可能。
お客様と施術者の双方から評価を得ているメタジェクトなら、後に導入を後悔するということはありません。

フェイシャル機器導入を検討中ならメタジェクト

フェイシャル機器を検討されているなら、最新型の機器である「メタジェクト」がおすすめです。
メタジェクトはお客様満足度の高さからニーズが多く、施術者にも負担をかけません。
機器を導入するべきタイミングは、オールハンドからの転換と、最新型機器を検討したとき。
ウィズ・アスの体験会では「メタジェクト」の効果や性能を、実際に体験できます。
フェイシャル機器導入をお考えなら、ぜひ無料体験会にお越しください。

体験バナー
体験バナー


関連記事

ダーマペンの効果とは?施術がおすすめの人の8つの特徴

クレンジングはとても大切!その理由や正しいやり方とは?

電気脱毛とはどんな施術?効果は高いけれどデメリットも…

若返りの施術ならメタジェクトにお任せ!期待できる効果は?

ニキビ跡・色素沈着はフェイシャエステで改善「メタジェクト」は効果的!

若和しい人の特徴や実年齢より若く見られるための工夫