エステ開業のために必要なことは?セミナーがおすすめの理由とは?

エステ開業のために必要なことは?セミナーがおすすめの理由とは?

エステを開業するためには、身につけるべき知識や習得すべき資格がたくさんあります。 

しかし、独学でイチから学んでいては時間がかかるため、セミナーなどを活用し、効率的に学んでいくことが必要です。 

さらに、オープン後のことを見据え、充実したサポートを受けられる環境を整えることも大切。 

そこで、独立前に行っておくと役立つことについてまとめました。 

エステを開業するために必要な資格や勉強とは? 

エステサロンをオープンするためには、次のような資格を取得したり、知識を得たりしておくことをおすすめします。 

認定エステティシャン・AEA認定エステティシャン

エステサロン開業前に取得しておきたい資格は、エステティシャンとしての認定です。 

国家資格ではありませんが、「認定エステティシャン」と「AEA認定エステティシャン」の資格を取得しておけば、お客様からより深い信頼を得られるようになるでしょう。 

「認定エステティシャン」と「AEA認定エステティシャン」は業界内でも知名度が高い資格であることから、取得しておけば必ず役立ってくれるはずです。 

ビューティー・セラピーディプロマ

「ビューティー・セラピーディプロマ」の資格も取得しておきたいものです。 

「ビューティー・セラピーディプロマ」はセラピストのための資格であり、国際的に認知度が高い上級の資格。 

学校でのカリキュラムを修了し、試験に合格し、実務経験を積む必要はありますが、セラピストとしての信頼を得るために役立ちます。 

経営のための知識・ノウハウ

エステサロンをオープンするためには、経営のための知識やノウハウが必要です。 

サロンで勤務しているなら、技術力だけで働けるでしょう。 

しかし、独立するとなるとサロンの経営者となるため、経営に関する知識がなければサロンを運営していけません。 

独立・開業を考えているなら、経営者としての知識や意識、ノウハウも身につけたいものです。 

▼こちらの記事では、エステ開業の際に失敗を避けるポイントについて解説しております。あわせてご覧ください。

エステ開業は儲かる?失敗を避けるためのポイントを紹介!

開業の勉強のためにはセミナー参加もおすすめ

開業のために知識を身につけるなら、セミナーに参加することもおすすめです。 

セミナーや講習会に参加すれば、独学で行うよりも効率よく短時間でサロンの経営について学べます。 

さらに、講習会では経営についての知識だけでなく、独立資金の調達法や集客法を学べることも少なくありません。 

実際にサロンを経営している方による購入を受けられれば、より実践的なレベルでの知識を身につけられるでしょう。 

エステ開業後のことも見据えておくことが大切

独立する際には、エステ開業後のことについても見据えてください。 

初めての独立ではわからないことも多いでしょうから、独学で必要な知識を身につけるだけでなく、独立後もサポートが受けられる環境を作りだすことが大切です。 

エステサロン開業サポートを行っている「ウィズ・アス」では、エステ機器のメンテナンスからスタッフ教育、販売促進、法務・労務・税務まで、7つの視点からしっかりとサポートをしています。 

また、定期的にセミナーも開催しているため、知識を身に着けていただく点でも有利です。 

ご自身のエステサロンを繁盛店にするためには、オープン後のサポートを充実させることが最重要要素だと言えるでしょう。 

エステ開業はセミナー&サポートで繁盛店へ

エステの開業を考えていらっしゃるなら、セミナーで効率的に知識やノウハウを身につけ、充実したサポートを受けることが繁盛店への道です。 

もちろん、エステティシャンやセラピストとしての信頼を得るため、資格を取得することも大切でしょう。 

しかし、サロンを繁盛させるためには、技術力以上に経営力が必要となります。 

初めて開業される方は、接客やサロン運営に注力できるように、オープン後のサポートを受けられることをおすすめします。 

「ウィズ・アス開業支援」について詳しく見る

体験バナー
体験バナー


関連記事

HIFU(ハイフ)の効果と持続期間の目安を解説

フェイシャル機器を導入するタイミングは?導入するメリットは?

若返りの効果があるホルモンとは?増やす方法も解説

保険制度はサロン経営に欠かせない!保険の内容や料金をチェック

開業支援でサロン出店!サポートの内容と開業の手順とは?

エステサロン

毛穴洗浄をエステサロンで施術を受ける施術方法と注意点