脱毛サロンの開業に失敗する原因と成功するための対策を紹介!

脱毛サロンを開業したものの、失敗に終わってしまう例は少なくありません。こういった事態を防ぐため、どうすれば成功につなげることができるのかについて事前にしっかりおさえておきましょう。

失敗してしまう原因や、成功させるために注意しておきたいポイントなどについてご紹介します。

脱毛サロン開業で失敗する主な原因は?

開業が失敗に繋がってしまう原因について5つご紹介します。

脱毛機選び

導入する 脱毛機選びを間違えてしまうと、なかなかうまくいきません。例えば、コスパが悪くて費用ばかりかかる、メンテナンスを依頼してもすぐに対応してもらえない上に故障が多い、サポート体制が充実しておらず困ったことがあった時に営業が中断してしまうなど。

脱毛機を選ぶ際にはマシンの性能だけでなく、サポートも含めて検討することが重要です。

集客できない

安定して売り上げを上げていくためには、ターゲットを選定し、きちんとしたブランディングやマーケティングが必要になりますが、これがうまくいかず、集客につなげられないケースが多いです。

いくら魅力的なマシンを取り入れていたり、料金設定がお得だったりしてもお客様が来なければ話になりません。インターネット上で集客をするためのSEO対策などもしっかり行う必要があります。

間違った価格設定

価格設定は高すぎても安すぎても良くありません。安易に大手のサロンに価格を合わせてしまう方もいますが、大手サロンほど高性能の脱毛機を導入できていなかったり、マーケティングなどが不十分だったりする状態で大手に合わせても、なかなか選んでもらうことはできないので気をつけましょう。

また、価格を安く設定し過ぎると利益率が悪くなり、経営を継続できなくなってしまいます。

管理・資金不足

実際に開業をする前に十分な運転資金を用意しておかなければ、思うように集客できなかった際にどうしようもなくなってしまいます。軌道に乗るまでには宣伝にもお金をかけなければならないため、きちんと資金を管理しましょう。

経営者の知識不足

経営者の中には、脱毛に関する知識はあるものの、経営に必要な知識が足りず、失敗してしまう方もいます。十分時間をかけ、必要な知識を身につけていかなければなりません。

失敗しない脱毛サロン開業のポイント

開業で失敗を避けるためには次のポイントが重要です。

脱毛機選定と他店との差別化

適切な脱毛機を選定し、他店と差別化するためにコンセプトとブランディングをしっかり行っていくことが重要です。他店と異なる強みを作り、選ばれるサロンにする必要があります。

事業計画・物件調査・資金調達

事業計画と物件調査、資金調達の3点については開業する前に十分確認・準備が必要です。特に資金調達には力を入れなければなりません。

脱毛サロンを開業するためには400~600万円程度必要になると言われているので、余裕をもって準備しましょう。

ウェブ集客

ウェブ集客の中でも特に効果が期待できるのが、MEO対策とYouTubeでの集客です。MEO対策とは、Googleで「地域名 脱毛サロン」と検索した際に、自店の情報が上位に表示されるための対策のこと。

MEO対策をすることにより、その地域で脱毛サロンを探している方の目に留まりやすくなります。また、どのようなサービスを展開しているのかYouTubeで宣伝するのもおすすめです。

カウンセリングとクロージングの強化

安心して通えるお店にするため、カウンセリングに力を入れることが大切です。魅力的なサービスを丁寧に相談したり、お客様の悩み解決につながるようなプランを提案し、クロージング(最終的な契約)につなげましょう。

経営者マインドを身につける

会社を発展させるため、的確な判断力や実行力を身に付け、経験者として事業に向き合っていきましょう。施術で求められる知識とは異なる知識が必要になるので、セミナーなどに参加して学ぶのがおすすめです。

事前の準備が成功に繋がる

脱毛サロンを開業する際には、できる限り事前準備に力を入れておくことが重要なのですが、具体的になにから始めれば良いのかわからない方はウィズ・アスにご相談ください。

ブランディングサポートやビジネスサポート、法務・労務・税務サポートなど、様々な支援を行っており、総合的にご相談いただけます。