消費者トラブルに注意!脱毛サロン経営者が気をつけたいこととは

更新日:2023.1.4

消費者トラブルについて理解しておくことは、サロン経営を始めるにあたり非常に大切なポイントだといえます。どのような問題が起こりやすいのかをおさえておけば、具体的な対策を練っておくこともできますよね。
注意したいトラブルや、対処法、返金・慰謝料請求などについてご紹介するので、役立ててみてください。

脱毛施術で起こりうる消費者トラブルについて

脱毛施術による消費者トラブルは後を絶ちません。具体的には次のようなものが多いです。

皮膚トラブルに関すること

脱毛機の出力を高くすればそれだけ効果もアップしますが、皮膚トラブルのリスクも増えます。

効果に関すること

通っているけれど効果がないので解約したい、返金をして欲しいという消費者トラブルもあります。

契約に関すること

施術ではなく、契約に関して問題が発生することもあります。お客様が抱えやすい不満は次のようなものです。

  • 断っているのに不要なコースを契約させられた
  • オプションとして化粧品を買わされた
  • 無料だと思って頼んだオプションが有料だった
  • 聞いていた料金と違う

きちんと説明すれば防げる消費者トラブルも多いです。

トラブルが起こった場合の対処法とは

万が一の消費者トラブルに備え、対処法をご紹介します。

迅速に、丁寧な対応を

仮にお客様に非があるとしても、丁寧な対応をしましょう。きちんと話を聞き、まずは正確に状況を理解することが大切です。素早い行動と解決は、信頼の回復につながります。

専門機関を紹介

皮膚トラブルなどのトラブルが発生しているのなら、サロンで自己判断するのではなく、患部を確認の上、医療機関を紹介しましょう。そして、できる限り付き添い、状況を把握しましょう。これにより責任を負うべき範囲も見えてきます。

話し合いによる解決

場合によっては弁護士に間に入ってもらい、話し合いをします。解決策を探っていきましょう。

消費者トラブルを避ける工夫を

できる限りトラブルが発生しないための工夫をしましょう。例えば、推奨している頻度で通ってくれないお客様から「効果がない」と返金や解約を求められても困りますよね。
どの頻度で通うのが理想的なのか、それはなぜなのかをしっかり説明し、理解してもらうことが重要です。

また、契約に関するトラブルの多くは説明不足が原因なので、説明の仕方で足りていないところがないか見直すことも考えましょう。細かいことまで取り決めをし、同意書や契約書をしっかり交わしておくことも欠かせません。

それから、エステサロンを対象とした損害保険もあるので、加入しておくと安心です。

▼こちらの記事ではサロンにあった保険選びのポイントや料金相場について詳しく解説しておりますのであわせてぜひご覧ください。

保険制度はサロン経営に欠かせない!保険の内容や料金をチェック

返金や慰謝料請求について

場合によっては返金や慰謝料の支払いをしなければならないこともあります。しかし、金銭の問題が絡む場合は慎重にならなければなりません。
例えば、お客様が不当な金額を請求してきたり、事前に交わしていた契約上、返金に応じる必要がないケースもあるからです。

実際にクレームを付けて過剰な慰謝料請求をする人もいるので、お客様の言い分をすべて通さないように気をつけなければなりません。法律的な問題も関わってくるので、弁護士などの専門家に相談しながら慎重に進めていくことが重要です。

万が一を考えて

全くトラブルを発生させることなく経営できているサロンは少ないです。そのため、万が一の時のことをよく考えておきましょう。
自分たちだけではすぐに対処ができず、間違った対応をしてしまうこともあるので、その際には「ウィズ・アス」のサポートもお役立てください。仮に施術ミスが起きた場合の賠償責任保険などについても、総合的にサポートしています。
迅速な対応ができるかどうかでお客様からの印象も変わるので注意しましょう。

体験バナー
体験バナー


関連記事

電気脱毛とはどんな施術?効果は高いけれどデメリットも…

ファスティングの特徴とは?6つのメリットと基本のやり方を解説

みんながスキンケアにかけている時間はどのくらい?

ダーマペンの効果とは?施術がおすすめの人の8つの特徴

ジェル不要・必要な脱毛器のメリット&デメリットとおすすめ3選

美肌になるには腸改善が大事!腸年齢を改善して内側からキレイになろう