睡眠不足による肌荒れとは?仕組みと対策方法を知っておこう

肌荒れの原因は人によりさまざま。ストレスやホルモンバランスの乱れのほか、「睡眠不足」も原因になる場合があります。 ここでは睡眠不足による肌荒れのメカニズムについて詳しく説明しながら、肌荒れを予防するアイテムも紹介します。

睡眠不足は美肌の大敵

ここからは、睡眠不足が肌荒れを引き起こす原因を詳しくみていきましょう。

肌のターンオーバーが乱れる

睡眠不足は肌の入れ替わりを阻害し、肌荒れの治りを遅らせます。ターンオーバーを意識するならば、決まった時間にしっかりと眠りにつくことを心掛けましょう。

自律神経に影響し肌荒れが広がる

睡眠不足は体内時計や体の温度を調節する自律神経にも影響を与えます。自律神経が乱れると皮脂量が増え、肌荒れが治りづらくなる場合も。

寝不足がもたらす肌荒れ

寝不足は肌荒れにどう関係するのでしょうか。ここでは、睡眠不足により肌荒れが引き起こされるメカニズムなどについて見ていきましょう。

成長ホルモンの減少

肌のターンオーバーは、脳下垂体から分泌される成長ホルモンによって促されます。成長ホルモンは基礎代謝のほか体の新陳代謝、細胞の修復にも関係しています。 睡眠中でなければこの成長ホルモンが分泌されることはないため、寝不足が続くとターンオーバーに直接悪影響となってしまうのです。 少なくとも3時間以上の睡眠を心掛け、夜は早めに寝てゆっくりと体をリラックスさせましょう。

メラトニン分泌の減少

メラトニンは、成長ホルモンの効果を発揮させながら高い抗酸化作用をもつアンチエイジングホルモン。 夜決まった時間に睡眠を促す作用でも知られていますが、寝不足が続くとメラトニンが減少し、成長ホルモンが十分に出なくなってしまいます。

ストレスホルモンの増加

メラトニンや成長ホルモンが不足すると、その代わりに「ストレスホルモン」と呼ばれるものが増加します。 自律神経の乱れに直結するほか、皮脂を過剰に分泌しニキビの原因にもなるため、眠いときにはしっかりと眠ることが大切です。

自律神経の乱れ

睡眠不足は、体の活動を促す交感神経を優位に働かせてしまいます。交感神経が優位になると皮膚の血管が収縮し血流が停滞、ストレスホルモンの分泌も促してしまいます。

肌荒れにおすすめな化粧品

肌荒れで困っているときに使いたい、おすすめの化粧品を紹介します。

ウィズアス「ペボニア・ボタニカ マイクロレチノール™ライン」

くすみや乾燥の原因となるターンオーバーの乱れにアプローチするスキンケアライン。天然のパルミチン酸レチノールに特別な酵素を作用させて生成される美容成分「マイクロレチノール™」が、ターンオーバーの乱れたお肌のトラブルを解決します。

花王「キュレル 皮脂トラブルケア」

敏感肌用コスメで有名なキュレルからは、皮脂トラブル専用のラインが登場。洗顔料・化粧水・保湿ジェルの3ステップで過剰な皮脂によるベタつきを抑制し、セラミドの力で肌に潤いを与えます。

ラ ロッシュ ポゼ「EFFACLA(エファクラ)」

ニキビができやすい肌のためのスキンケアシリーズ。肌のもつ代謝機能を穏やかにサポートしながら、毛穴を引き締めてニキビができにくい状態に整えます。

十分な睡眠とスキンケアで肌荒れを改善

肌荒れには毎日のスキンケアと偏りのない食事、そして十分な睡眠が必要不可欠です。 肌トラブル専用のスキンケア製品も活用しながら、美肌を目指していきましょう。
【肌荒れにおすすめな化粧品】 「ペボニア・ボタニカ マイクロレチノール™ライン」