フェイシャルエステは効果はいつからいつまで?最新おすすめのマシンをご紹介!

小顔効果やたるみ取り、若返りなどに活用されているフェイシャルエステは、施術によって持続期間や効果の程度が異なるため施術の特徴を押さえておくことが大切です。

ここでは、フェイシャルエステの効果と持続期間、悩み別の施術や最新のマシンについて紹介します。

フェイシャルエステの効果と持続期間は?

フェイシャルエステの効果は、施術方法にもよりますが多くの場合2日か3日~長くても1週間程度となります。

フラッシュを使った施術のように、物理的に肌に対してケアを行う施術であれば1週間以上の効果が期待できる可能性はありますが、紫外線やストレスなどのダメージによって肌のコンディションが変わってしまうと、せっかくの効果も薄れてしまいます。

お悩み別のおすすめ施術

毛穴の悩み・顔のむくみ・にきび・肌のくすみに向いている施術を紹介します。

毛穴の悩み

毛穴が広がりすぎている場合には、引き締め効果を与える「光フェイシャル」などがおすすめ。

毛穴の中に角栓が溜まっていて黒ずみが気になる場合は、毛穴吸引やディープクレンジングによる施術が行われます。

顔のむくみ

顔のむくみはリンパなどの体液が滞っていることが原因のため、むくみを取る施術として「リンパドレナージュ」が人気です。

アロマオイルを使ったアロマトリートメントや、整体のように顔のアンバランスを整える施術もむくみに効果が期待できます。

にきび

しつこいにきびに対しては、ドクターズコスメを使ったスキンケアのほかに「フォトフェイシャル」でターンオーバーを促したり、イオン導入と呼ばれる方法で肌の奥まで美容成分を浸透させる方法が行われます。

生活習慣が原因となっているにきびについては、美容皮膚科で食事や生活習慣に関するアドバイスを行い、上記の施術と併用する場合もあります。

肌のくすみ

肌のくすみは乾燥・血行不良・メラニンなどがそれぞれ原因となって現れます。

乾燥肌には潤いをプラスするために保湿力の高いスキンケアを行い、血行不良にはマッサージなどを中心にケアを行います。

メラニンによるくすみは肌のターンオーバーを促すためにフォトフェイシャルなどを行い、ドクターズコスメと組み合わせて肌に栄養を補います。

フェイシャルエステの最新おすすめマシン

最新の美容方法である「メタジェクト」は、短い施術時間で肌を若返らせることを目的としています。

1秒につき最大で2,700個の微小なすき間を肌表面に作り出し、美容成分を浸透しやすくします。

肌にすき間を作ったあとは、「サブジェクタブル」と呼ばれる専用の美容液を角質層の奥まで浸透させます。

サブジェクタブルは肌悩みに応じて4種類のタイプが揃っており、肌のバランスを整えたり、肌細胞を回復させたりといった効果が期待できます。

メタジェクトは肌のくすみやにきびなどにはもちろん、毛穴悩みなどにも対応できるため、上記の肌悩みをすべてカバーできるオールマイティの美容機器として注目されています。

最新機種で顔の悩みを解決

エステサロンではさまざまな施術が行われていますが、肌悩みごとにサロンを替えたり、良い施術方法がないか探したりするのは大変です。

ウィズ・アスが提供しているメタジェクトは医療ではありませんが、従来のエステとは異なる新しい施術法として注目されています。

最新の機種と美容液の力で、顔の悩みを広範囲にカバーすることができます。