エステサロンで必要な業務用エステ機器の種類と選び方

「エステサロンに業務用エステ機器を設置したいけど、どんなものを購入すべきかわからない」というサロンオーナー様は多いのではないでしょうか。業務用エステ機器は決して安くないため、適当に選んで失敗したくないですよね。とはいえ機器の種類は膨大なので、選ぶのも一苦労でしょう。

サロンで行いたい施術は痩身なのか、肌ケアなのかいずれも悩ましいところです。

効果と目的に合った機器選びが大切です。機器選びが功を奏すと顧客満足度が上がり、サロンの人気も高まります。本記事を読めば、業務用エステ機器の上手な選び方がわかるはずです。

機器選びの基準が分からない方は参考にしてください。

業務用エステ機器とは

業務用エステ機器とは、サロンや美容クリニックにあるエステマシンを指します。

誰でも手軽に使える家庭用エステ機器に対して、より専門性の高いプロ仕様のマシンが業務用エステです。

業務用エステ機器の種類

業務用エステ機器は、大きく3種類に分類されます。

業務用エステ機器の種類

  • ・業務用痩身機
  • ・業務用脱毛機
  • ・業務用フェイシャル機

サロンのウリにしたい施術が行えると、お客様に関心をもってもらえるきっかけにつながることもあります。

それぞれの機能について、具体的に解説していきます。

業務用痩身機

業務用痩身機器とは、身体を細く引き締めるためのエステ機器です。基礎代謝を上げてむくみを減らすと脂肪が落ちやすく、痩せやすい体質へ変化します。

業務用痩身機には全身痩せから部分痩せを狙えるものまであるため、お客様の幅広いニーズに応えることが可能です。

業務用痩身機は、大きく4種類に分類されます。

業務用痩身機の種類

  • ・超音波
  • ・ラジオ波
  • ・脂肪冷却
  • ・電気刺激

マシンによって効果が異なるので、以下の情報で特徴をおさえてください。

超音波

エステで代表的なキャビテーションやハイフは、超音波を用いた痩身機器です。

脂肪細胞に特別な超音波を当てることで振動が加わり、脂肪が分解されます。老廃物が排出しやすくなるため、セルライトやむくみ改善だけでなく、自力では落としにくい皮下脂肪にもアプローチが可能です。

キャビテーションの超音波は広範囲に薄く届き、ハイフの超音波は部分的に深く届くといった特徴があります。

落としたい部位をピンポイントに施術可能で、痛みもほぼなくジェルなどの使用がない点も嬉しいメリットです。

ラジオ派

電磁波の一種であるラジオ波は、電子レンジの仕組みと似ています。

脂肪細胞内にある水分に電気を流すことで摩擦熱(ジュール熱)が起き、生み出された熱が脂肪を分解しやすくするのです。

ラジオ波を使用した痩身機器には自律神経を整える、ストレス減少、免疫力向上、体質改善などにも効果的です。

基礎代謝を上げたり細胞組織を活性化したりするほか、血流やリンパの流れもよくなるため、余分な脂肪細胞が分解されて老廃物が体外に出やすくなります。

特に固まってしまったセルライトは自力でどうにかすることが難しいので、脂肪を温め分解しやすい状態にするラジオ波はうってつけです。

脂肪冷却

脂肪冷却とは、水と油が固まる温度の差を活かした痩身機器です。人体はほとんど水で構成されているといっても過言ではありません。しかし、脂肪細胞には水でなく、実は油が多いことはご存じでしょうか。

水が固まるには0℃以下で冷却しなくてはいけませんが、ラードなどが常温でも固まるのと同様に、脂肪も4℃前後で凝固します。

脂肪冷却は、脂肪細胞が4℃前後で固まる習性を利用した痩身方法です。

冷やされて固まった脂肪は老廃物として体外に排出されます。このように痩身をサポートするのです。

身体だけでなく顔にも使用可能で、あごのたるみ改善にも効果があります。

電気刺激

電気刺激の代表的な機器は、筋肉に振動を与えるEMS・電子パルスが該当します。

脳の代わりに運動神経へ刺激し、その電気刺激により筋肉を動かす仕組みです。

微弱な電流によって筋肉を自動的に動かすことは筋肉を鍛えることにつながります。基礎代謝量を増やすため、太りにくい身体への体質改善も期待できます。

運動との相性は特によく、脂肪の燃焼や引き締まっていく感覚を味わうことが可能です。

▼電子パルス痩身機のB-Strongについて詳しく見る

次世代痩身機ビーストロングはこちら

業務用脱毛機

体毛が気になる部分に光を当て、除毛する機器が脱毛機です。

自分ではケアが難しい部位、煩わしく感じる部分を専門家に任せれば、お客様のムダ毛によるストレスが軽減できるでしょう。

業務用脱毛機は、大きく3種類に分類されます。いずれも光脱毛にあたる施術です。

業務用脱毛機の種類

  • ・IPL
  • ・SHR
  • ・S.S.C.M

大前提として、エステで行う脱毛は医療用よりレーザーの強さが弱くなっています。1回で施術できる範囲は部分的です。

IPL

IPLの正式名称は「インテンス・パルス・ライト」といいます。

IPLは毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する光を当てることで、毛の根本にあるくぼみ(毛乳頭)へ熱を与えることが可能です。

熱が加わった毛根はたんぱく質に影響が出るため、新たに伸びる毛の成長が遅れます。

IPLのメリットは、健康的な毛に効果が高く、脱毛時間の短さにあります。

IPLのデメリットは、若干の痛みがあること、日焼けした肌には使用不可、色素の抜けた毛には向かないことです。

SHR

SHRは「蓄熱式脱毛」と呼ばれ、毛根を包む組織である毛包に抑制を働きかける脱毛方法です。

正式名称は「スーパー・ヘア・リムーバル」といい、毛を作る組織も含んだ毛包全てに連続で蓄熱し、毛が生えるのを遅らせる仕組みです。

毛の周期関係なく、いつでも照射可能なので施術に間隔を空ける必要がありません。

SHRのメリットには、痛みが少ないこと、ほくろや日焼け部分にも施術できることが挙げられます。

SHRのデメリットは、効果を得られるまでに時間がかかることです。

S.S.C.M

S.S.C.Mの正式名称は「スムーススキンコントロールメソッド」といいます。

イタリアの世界的医療メーカーであるDEKA社が生み出した脱毛方法です。

脱毛用のジェルを塗り、光を当てると毛穴に浸透したジェルが新たな毛を抑制します。

 S.S.C.Mのメリットは、肌への刺激が少ないため肌の弱い人にも施術可能で、美肌効果が期待できることです。

 デメリットはジェルがひんやり感じるので冷え性の方は特に辛いこと、効果が出るまで時間を要することが挙げられます。

▼業務用脱毛機の種類や選び方について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

業務用脱毛機の選び方!種類から選定基準を解説

▼S.S.C.M脱毛機について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

オルトレ脱毛機はコチラ

フェイシャル機

フェイシャル機は美顔器のことです。フェイシャルに注力しているエステサロンには必須アイテムです。

美肌に近づくことがフェイシャルにおける最重要事項のため、くすみやシワなど肌悩みに合った施術を行えなくてはいけません。機能別にある程度の種類を揃えておくと、お客様の悩みが解消しやすいでしょう。

業務フェイシャル機は、大きく4種類に分類されます。

▼フェイシャル機について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

フェイシャルエステの最新機器をご紹介!

業務フェイシャル機の種類

  • ・超音波
  • ・ラジオ波
  • ・脂肪冷却
  • ・電気刺激

では、具体的にどんなフェイシャル機があるのかを紹介します。

イオン導入美顔器

イオン導入美顔器とは、業務用美顔器を用いて肌に弱い電流を流すものです。

プラスとマイナスの電気的な特性を活用し、美しい肌へと整えます。

プラスとマイナスによる逆の力を利用して肌の奥深くまで美容成分を浸透させるイオン導入がある一方、電気が引かれ合う力を利用して余分な汚れを取り除くイオン導出という機能があります。

超音波美顔器

超音波美顔器は、超音波による振動が特徴です。

1分間で100万回以上の振動で肌を刺激し、クレンジングやマッサージの役割を果たします。

温熱効果が期待できるとともに、超音波の振動によって肌細胞間に隙間が生まれ、美容成分を浸透させるキャビテーション効果もあります。

ラジオ波美顔器

ラジオ派美顔器は、電磁波のひとつにある高周波を用いた業務用フェイシャル器です。

高周波を肌に当てると肌の水分が摩擦を起こすことによりジュール熱が発生し、熱で肌温度を上昇、活性化させます。

EMS

筋肉を弱い電流で刺激し、収縮させるEMS。

以前はリハビリや痛みを和らげる目的で、医療的に使われていたものでした。

肌の表面のみならず、普段は見えない表情筋までほぐすことができます。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、美容成分を導入する業務用エステ機器のことです。

電気パルスの力で、肌の細胞と細胞の間を開けて導入します。

イオン導入や超音波導入では難しい高分子有効成分やイオン化できない美容成分も導入できる強みが特徴です。

複合型美顔器

複合型美顔器は名前から想像できる通り、多くの機能がついている機器のことです。

導入や高周波、EMSといった代表的なものから、肌を冷やすクライオやアクネ菌の除去に使われるブルーLEDなど、美肌を目指せる機能を多数備えたタイプもあります。

エステ版ダーマペン

エステ版ダーマペンはリゼネレートとも呼ばれます。

古い角質を除去しながらナノ単位の細い針で、肌に極小の穴を開けます。

穴から美容液を注入することで美肌へ導くのです。

医療用ダーマペンとの違い

  • ・出血がない
  • ・痛みがない
  • ・ダウンタイムなし※長くて2日ほどヒリヒリしたり皮むけしたりする
  • ・施術後のメイク可能

医療ダーマペンと同等の効果にもかかわらず、痛みや出血はおろか、ダウンタイムもありません。

▼エステ用ダーマペンは詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

メタジェクトはコチラ

業務用エステ機器の効果

各機器がもつメリットを知ることで、お客様のニーズに合わせたメニューやプランを提案・提供できます。

痩身、脱毛、フェイシャルに分けて説明するので、行いたい施術とマッチしているか確認してください。

業務用痩身機には「高周波」と「超音波」があります。

痩身機の種類効果の特徴
高周波温熱効果で基礎代謝を促進させ、ラジオ波で美肌効果にも◎
超音波肌を傷つけずにリフトアップor脂肪細胞やセルライトを破壊できる

業務用脱毛器は、今回紹介した「光脱毛」が主流です。フラッシュ光線が毛を処理していく特徴があります。

業務用フェイシャルは種類が多いので、以下の通りまとめてみました。

フェイシャル機の種類効果の特徴
イオン導入弱い電流が美容成分を肌の奥深くまで浸透させる
超音波超音波の振動を肌に与え、美容成分を浸透させる
ラジオ波高周波の力で温度を上昇させ、肌細胞を活性化させる
EMS筋肉を収縮させ、肌の引き締めやリフトアップに効果的
エレクトロポレーションイオン化できない美容成分を導入できる
エステ版ダーマペン古い角質を除去し、肌に極小の穴をあけ美容成分を注入できる

使用感だけの説明にとどまらず、購入前にカタログなどで効能を調べておくのもよいでしょう。

業務用は出力が高い

業務用エステ機器は家庭用機器に比べて、出力レベルが高く設定されています。

1回の施術でも効果が実感できるため、施術時間も短くできるでしょう。

出力レベルが高いこと、安定した力が業務用エステ機器を扱える絶対条件です。

業務用エステ機器の選び方

業務用エステ機器の選び方として、ポイントは以下の7つです。

業務用エステ機器を上手く選ぶポイント

  • ・安全面
  • ・効果
  • ・多機能さ
  • ・価格
  • ・サポート体制
  • ・メンテナンスサポート
  • ・保証

痩身、脱毛、フェイシャル。いずれも大まかなポイントは共通です。

機器によって得意なこと、苦手なことは異なるため、項目ごとにベストな選び方をお伝えします。

安全面

業務用エステ機器の安全面は当然一定の保証がされています。

医師免許が必要な医療用機器ほどの効果は得られませんが、特別な資格をもたないエステティシャンでも扱えるためです。一方で、誰でも手軽に使える家庭用機器には安全面では及びません。

つまり、業務用エステ機器の安全性は医療用より高く、家庭用より低めです。

効果

業務用エステ機器の効果は、目的に合って使えているかどうかで大きく変わります。

効果のほどを確認するポイントとして、実績が多いところは期待できます。

無料体験を利用し、実際に体験して効果を実感するのもよいでしょう。

多機能さ

お客様に満足してもらうには、通常の施術にちょっとしたオプション機能があると特別なメニューやプランができます。

機器ができること、施術を行う際に必要な機能があるのかといった視点をもちましょう。

価格

高性能な業務用エステ機器は、必然的に高価です。高価な機器をいくつも揃えることは経営の負担につながるため、得策ではないでしょう。

せっかく購入した業務用エステ機器。

長く使用していくためにも、施術の価格設定やメンテナンス費用といったランニングコストも考慮しなくてはいけません。

サポート体制

実は機器を購入すると、エステサロンの集客やスタッフの採用・教育、カウンセリングに関する知恵を伝授してくれるメーカーがあります。どこまでサポートしてもらえるかはメーカーによって異なりますが、経営に直結したサポート体制まで考えておきましょう。

また、年中無休でサポートしてもらえるメーカーの信頼感は抜群です。最初にチェックしておくといざという時困りませんよ。

エステサロンにおけるサポートについて詳しくみる。

エステティックサロンのための7つのサポート

メンテナンスサポート

長く使うためには、日ごろのメンテナンスが重要です。もし営業日に故障してしまったら、見込まれていた利益がなくなる上、お客様にご迷惑をおかけすることもあります。

また、アフターフォローまで備えているメーカーを選ぶことをおすすめします。購入後にどれだけサポートを行ってもらえるのかは、よりよいサロン経営における大切なポイントです。

定期的なケアはもちろん、緊急時にも対応してもらえるかは事前に確認しておいてくださいね。

保証

長く機器を使って施術していくためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

保証期間はいつまでなのか、どんなサービスがあるのかを把握しておくことで、アクシデントが起きても慌てずにすむでしょう。

機器自体を安く購入しても、設置してすぐ故障して修理費用が出てしまっては意味がありません。中古で購入した業務用エステ機器はメーカー品でも保証が受けられないことが多いため、新品での購入がベストです。

業務用エステ機器の存在は上質な施術に不可欠

業務用エステ機器の種類や効果、選び方のポイントに関する理解は深められたでしょうか。上手な機器選びをすることで、何度も足を運んでもらえるサロンを目指すことへとつながります。

エステサロンにおいてお客様にもっとも喜んでもらえることは、上質な施術を行うこと。

人間の手では技術的に難しいニーズも一定数あります。満足いただけるサービスの提供に、業務用エステ機器の存在は不可欠です。

機器がもつ役割はそれぞれあるため、機能や価格、メンテナンスといった保証面も考慮する必要があります。

業務用エステ機器を購入する際にはぜひ検討してみてください。

ウィズアスのエステ機器一覧を見る。

業務用脱毛機・エステ機器・美容機器商品一覧

体験バナー
体験バナー


関連記事

フェイシャルエステは効果はいつからいつまで?最新おすすめのマシンをご紹介!

エステ開業スクールに通うメリットと活用したいサービスとは?

メンズ脱毛の利用率とおすすめ業務用脱毛機について

クレンジングはとても大切!その理由や正しいやり方とは?

エステサロンの集客はどのように行えば良い?効果的な対策を確認

業務用脱毛機なら純国産の「オルトレドゥエ」がおすすめ!